実はとっても大事!オンライン カジノのサイバーセキュリティーとは?!

JackpotCity 安全なオンラインカジノ

世界を巻き込む騒動はあいも変わらず続き、ちょっとした買い物や外出すらはばかられてしまうのが昨今の現状。巣ごもり巣ごもりとはいいつつも、暇つぶしの手段がなくなってしまった人も決して少なくないだろう。

そんな巣ごもり需要で大人気となったのがオンライン カジノだ。なんとなく敷居が高いように見えてしまうが、実際は初心者でも手軽に遊べるオンラインスロットなどのオンラインカジノゲームが揃っており、意外と入り口が広いというのがウケたのか、オンライン カジノ 日本のプレイヤーはうなぎのぼりに増えている。

オンラインカジノを遊ぶ上でまず最初に選択しなくてはいけないのが、「遊ぶカジノ オンラインを選ぶ」ことだ。その判断基準は人それぞれだが、ある人はボーナスが豪華なものを選ぶし、またある人は遊びたいゲームが揃っているかどうかで判断する。しかし、皆様は最も大事な基準を忘れてはいないだろうか?そう、「安全性」だ。

どんなに豪華なボーナスが用意されていても、どんなに面白そうなオンラインカジノゲームが揃っていても、セキュリティーに問題があるカジノでは安心してゲームに没頭することはできない。

しっかりとしたセキュリティーを導入していないカジノは、ハッカーたちから狙われやすく、登録時に入力した個人情報はもちろんのこと、せっかく大当たりした払戻金すら盗まれかねない。

今回はそんな「安全なオンラインカジノ」について説明していこう。

1.安全なオンラインカジノと様々なサイバー攻撃
ボット
DDoS攻撃
スクレイピング
アカウント乗っ取り
SQLインジェクション

2. JackpotCityは信頼できるオンラインカジノ!
MGAゲームライセンス
SSL証明書による暗号化
明確なプライバシーポリシー
eCOGRA認定も取得済み

3. JackpotCityで利用できる安全なオンラインカジノの撤退

1. 安全なオンラインカジノと様々なサイバー攻撃

JackpotCity オンラインカジノのサイバーセキュリティ

現代人ならばメディアなどで一度は「ハッカー」という言葉を聞いたことがあるに違いない。しかし、大抵の人は「パソコンを使って何か悪いことをする人」程度の認識しかないのではないだろうか? その認識は半分正解で、半分不正解だ。実は日本産業規格によってハッカーは定義されており、 JIS X 0001-1994 では「高度な技術をもった計算機のマニア。」と「高度の技術をもった計算機のマニアであって、知識と手段を活用して、保護された資源に権限をもたずにアクセスする人」とされている。 しかし、現代ではそういった悪意を持った行為を行うハッカーを「クラッカー」とよび、クラッカーが行う攻撃を「サイバー攻撃」、もしくは「クラッキング」と呼ぶ。 さて、そんなサイバー攻撃には一体何があるのだろうか。

ボット

ボット(BOT)とはその名の通り「ロボット」のことだが、ここでは「特定の目的を達成するまで自動で行動し続けるプログラム」のことを指す。 たとえば、オンラインカジノゲームでボットに「バカラで1000ドル勝つまでゲームを続ける」と命令する。そうすると、実際に1000ドル勝つまでゲームを自動でプレイし続けるというわけだ。 これの何が悪いのかというと、普通、人間1人では1度にプレイできるゲーム数には限りがあり、オンライン カジノのサーバーへの負荷も軽い。だが、ボットを利用すれば1台のパソコンから100だろうと200だろうとカジノ オンラインへと接続させることができてしまうのだ。これをやられると、カジノ側のサーバーがパンクしてしまい、一般のプレイヤーがゲームを楽しめなくなってしまうのだ。その結果、カジノの評判は落ち、客離れも加速、最終的には閉鎖になってしまうということだ。

DDoS攻撃

DDoS(分散型サービス拒否攻撃)攻撃」は上記のボットと手法がよく似ており、「1つのサーバーに対して過剰なアクセスやデータの送信を行い、負荷をかける」という攻撃手段だ。 分散型という名前がついている通り、これは複数のパソコンから攻撃を加えるもので、大抵の場合、攻撃に使われるパソコン「踏み台」も悪用されただけの無関係なものであることがほとんどだ。そして、分散させることによって身元の特定を困難にしており、匿名性が高い。 オンライン カジノ 日本などはサーバーの増強を行っているところが多いものの、さすがにサイバー攻撃に耐えられるほどではないだろう。

スクレイピング

スクレイピングは「ボットを使用してAPI、ウェブサイト、またはデータベースから情報を収集、解析し、サービスを妨害する」もの。 これは日本 オンライン カジノにおけるスポーツベッティングにはかなり効果的なサイバー攻撃の手法であり、2つのブックメーカーのマージンやオッズの違いを悪用し、損失を極限まで抑えたベット方法「アービトラージベッティング」などに応用されるケースがある。

ウェブサイト上のデータを収集すること自体には法的な罰則はないものの、そのサイトの利用規約などでスクレイピングが禁止されているケースがほとんどで、そういった場合は営業妨害などの違反行為となりうる。

アカウント乗っ取り

上に記してきたサイバー攻撃が正直ちんぷんかんぷんでも、これだけはどんな人でも知っているのではないだろうか?

アカウント乗っ取りは読んで字の如く、他人のアカウントを乗っ取ることだ。

Twitter、Facebook、InstagramといったSNSはもちろん、Amazonなどのショッピングサイト、オンライン カジノ 日本 語を始めとするウェブサイトを利用するには、まず個人情報を入力してアカウントを作成する必要がある。

アカウントにサインインするには通常の場合、パスワードかメールアドレス、もしくはその両方が必要になってくる。だが、ハッカーは何らかの手段でその2つを入手し、あなたのアカウントへ侵入する。

サイトによって必要な情報は異なるものの「実名、住所、メールアドレス」の3つはほとんど確実に要求される情報であるため、それが流出してしまうのは確実だ。また、ショッピングサイトなどではクレジットカードの情報を入力することもあるため、一度乗っ取られると金銭的な被害を受ける可能性も高い。

一般人の場合、パスワードの使い回しによって乗っ取られるケースがほとんどであるため、やはりサービスごとにパスワードは使い分けたほうが懸命だ。

面倒くさいのもよく分かるが、個人情報が流出してしまうよりはマシだろう。

SQLインジェクション

SQLとはウェブサイト上に搭載されたデータベースを操作するためのプログラミング言語であり、データベースに不正なプログラムを注入する(Injection,インジェクション)攻撃のこと。

例えば、今は個人ブログや企業のホームページなど、どんなウェブサイト上にも検索欄が搭載されているだろう。そして、中にはセキュリティー対策をしっかりと導入していないものも存在している。

そこにSQLで書かれた命令を入力するとウェブサイトを改ざんできてしまったり、データベースから情報を抜き取ったりすることができるのだ。

日本でも2008年、SQLインジェクションを使用した大規模なサイバー攻撃があり、政府関係、企業、一般の数十万にも及ぶウェブサイトが改ざんされてしまった事件がある。気を抜くと、あなたのオンラインカジノ預金だって盗まれてしまうかもしれない…

JackpotCityは信頼できるオンラインカジノ!

JackpotCity信頼できるオンラインカジノ

さて、ここまで長々とサイバー攻撃について書いてきたが、おそらく大抵の読者がちんぷんかんぷんだろう。「いいから、安全なオンラインカジノを教えて!」「結局、信頼できるオンラインカジノはどこなの?」といった声が今にも聞こえてきそうだ。

結論から言おう。もし世界で一番信頼できるオンライン カジノをお探しなら、それは間違いなく「JackpotCity」カジノだ。

豊富なボーナス、そして目を疑うようなカジノゲームのラインナップ、そして何よりも重要な強固なセキュリティーを兼ね備えている。

MGAゲームライセンス

オンライン カジノの運営というのは、その国々の規制を受ける。だがもちろん、中には闇営業しているようなカジノ オンラインだって存在している。それを簡単に見抜く方法の1つが「ライセンス」の有無だ。

ライセンスというのは様々な規制団体が発行する認定証で、受け取るためには厳しい審査をくぐり抜ける必要がある。ようするに免許証のようなものだと思ってもらってもいい。

JackpotCityが保有するMGA(マルタゲーム規制委員会)のライセンスはその審査の厳しさから業界内では特に有名であり、もっているだけで一目置かれるようなオンライン カジノ 日本

語なのだ。また、毎年の更新料もかなり高額であり、ぽっと出のカジノでは手が届かない、かなりすごいライセンスを持っているのだ。

SSL証明書による暗号化

もちろん、JackpotCityのオンライン カジノセキュリティーはライセンス程度では終わらない。

JackpotCityのサーバーにはSSLという最新鋭のセキュリティー技術が搭載されている。インターネット上では住所氏名、電話番号はもちろん、クレジットカードなどの金銭に関わる情報までもが頻繁にやり取りされている。暗号化されていない状態で通信すると、クラッカーに傍受されたとき、あっという間に情報が漏洩してしまうということ。

しかし、SSLではそういったやり取りのすべてが暗号化されていることから、万が一クラッカーがデータを盗み取ったとしても、解読することができない。安心安全に、こころゆくまでオンラインカジノゲームを堪能することができるというわけだ。

明確なプライバシーポリシー

ユーザーの皆様がJackpotCityのオンライン カジノを利用する際には、まず「利用規約」と「プライバシーポリシー」に同意する必要がある。

JackpotCityに登録する際には様々な形の個人情報を提出するだろう。そういったセンシティブな情報はしっかりと責任を持って扱うことが明記されている。

JackpotCityはこのプライバシーポリシーを遵守し、個人情報保護に全力を注いでいく。そして、ユーザーの皆さまが安心してオンラインカジノゲームを楽しめる環境を作っていくために尽力していくのだ。

eCOGRA認定も取得済み

ライセンスについてはすでに最初の項でお伝えしたばかりだ。しかし、JackpotCityがもつライセンスは、なにもMGAのものだけではない。

eCOGRAはギャンブルの本場、イギリスはロンドンに拠点を置く国際的な審査機関であり、オンライン カジノユーザーを守るため、カジノ オンラインに厳しい審査を行っている。

悪徳オンラインカジノの中には、複数のカジノが勝手に審査機関を作成し、そこからライセンスを発行するというかなりあくどい方法を使っているものだってある。そのため、「ライセンス 

ライセンスを保有している」=「安全なオンライン カジノ」とは限らないのだが、eCOGRAはもちろん、信頼のある審査機関なので安心してほしい。

その歴史はオンラインカジノゲームの黎明期、2003年にまで遡り、今までは数百以上ものオンラインカジノを定期的に監視、審査している。その審査はマルタゲーム規制委員会に負けずとも劣らず・・・そんな審査を毎回くぐり抜けているJackpotCityにはあっぱれだ。

JackpotCityで利用できる安全なオンラインカジノの撤退

JackpotCityオンラインカジノの撤退

さて、オンライン カジノでは言うまでもなく大切なモノが関わっている。そう、「お金」だ。カジノ オンラインというのはまずはお金を入金し、実際のお金をかけてオンラインカジノゲームをプレイして、上手くいけば増えたお金を出金できる大人の遊びなのだ。

遊び、とは言うもののお金がかかっている以上、決して冗談では済まされない。

JackpotCityを始めとするオンライン カジノでは様々な決済手段が使用できる。

やはり手軽さとセキュリティーの両面で一番オススメできるのはやはりクレジットカードだ。JackpotCityではVISAとマスターカードの2大ブランドに対応している。万が一不正利用があっても、24時間体制でのサポートがあるため安心だ。また、近年ではAIを活用し、不審な利用がないか監視しているそう。テクノロジーに感謝だ。

しかし、クレジットカードは審査を通り抜けた人しか利用できないという巨大なデメリットが存在する。その場合、カジノ オンラインでおすすめできるのは「e-ウォレット」だ。こちらは審査不要で登録することができ、また、最新鋭のセキュリティー技術が採用されているため、安全性にもスキがない。

入金が無事に完了し、オンラインカジノゲームを遊んだら、なんと大当たり!さあ、次は出金だ!

JackpotCityではクレジットカードの払戻機能を利用した出金に対応しており、直接カードまで出金することができる。しかし、こちらは2~6日ほどかかってしまうので、急いでいる場合は要注意だ。

e-ウォレットの場合、最短で24時間、長くても48時間程度で出金が完了する場合がほとんどなので、やはりそちらを利用することをおすすめする。

オンライン カジノではとにかくセキュリティーが大事だということをわかってもらえただろうか。

安心安全、そして豊富なボーナスとラインナップでオンラインカジノゲームを楽しみたいなら、JackpotCityで決まりだ。

スポーツベッティングで人気を集めるトップ格闘技